英語専門塾秋谷光子アカデミィ

  • 綱島本部校
    045-544-6756
  • 田園調布校
    03-5483-5025
コース説明にもどる

英検準1級の合格対策

一次試験

リーディング 配点(750点/2250満点中)

 

語彙

英検準1級の標準語彙数は7,500語です。語彙力を測る大問1は25点という大きな配点ですので、語彙力増強が合格への最短距離です。秋谷アカデミィでは単語集での暗記に加え、より定着させるために、短文を使った短文暗唱や、定着を確認する練習問題を数多くこなします。日頃から準1級レベルの単語で書かれている海外書籍や週刊英字新聞等を読み、文章の中で語彙を増やしておくことも必要です。長文の中で無作為に覚える単語と、的確な単語集を作ってシステマティックに覚える単語の二つのアプローチで語彙力を効率良く増強します。

読解

さまざまな分野のトピックが出題されるので、日頃から国際ニュースや科学系雑学などに興味を持ち、苦手意識を持たずに取り組むことが必要です。また、速読、音読訓練をすることによって、1分間に180語程度のスピードで、正確に長文を読解できる力をつけていきます。海外発行の新聞・雑誌はスラングが多く含まれ、ある意味難しい場合が多いので、準1級対策クラスではJapan Times等、一般的な表現方法を使った新聞のEditorial をその場で読んで訳してもらうという訓練も行いながら、読解力、速読力を鍛えていきます。さらに、準1級の過去問で完璧な読解対策をして、緻密さ・正確さを養い、満点を目指します。

 

ライティング 配点(750点/2250満点中)

 

新形式の問題は、1級のエッセイライティングにさらに近づいて、より難度が上がりました。完璧なライティング指導を受けて力をつけた方と、そうでない方の差が一番大きく出る問題です。3つの段落(1)序論、(2)本論、(3)結論の構成を取り、指定されたポイントを2つ使い、観点別採点 ①内容:TOPICとPOINTSの内容が含まれているか、②構成:英文の構成と流れがわかりやすく、筋道立っているか、③語彙:内容に適した語彙を正しく使えているか、④文法:幅広い文構造を正しく使えているか、で満点が取れるよう指導・添削します。適切なトレーニングをすれば満点も可能ですので、ぜひ得点源にしましょう。秋谷アカデミィでは、新形式に対応した塾独自の予想問題と模範解答を数多く用意し、万全の体制でライティングの満点獲得を目指し、準1級合格の決め手といたします。

 

リスニング 配点(750点/2250満点中)

 

80語程度の対話を聞き、その内容に関する問題と、150語程度のかなり複雑な内容の英文問題、そして、雑踏の中や空港で録音したかのような日常的な状況下での英語放送分を聞き取る問題の三部構成となります。ネイティブのリズミカルな発音を、耳で聞いた順に、そのリズムに合わせて内容を理解するためには、通常のリスニング訓練だけでなく、長文の音読や速読が効果的です。リズミカルに音読ができれば、ネイティブの発音リズムにもついていけますので、音読力とリスニング力は比例しているとも言えます。紙上に表記されている英文を、話の展開を掴みながら、頭から正確に読解していく速読力もつけ、音読と速読の両面のアプローチで、リスニングのフルスコアにつなげます。

 

二次試験・スピーキング

日常的な場面の四コマのイラストを英語で説明することを求められます。その際に、イラストに込められている現代的なテーマをいかに盛り込むかという社会的視野も必要となります。ネイティブ講師とのフリートークやロールプレイ形式の英会話等で会話力を強化し、平易な表現で構わないので、正しい表現ができるようにスピーキング力をつけていきます。設問のパターンとその展開の仕方や順番は、ほぼ予測のつく、類似した形式で毎回行われますので、秋谷アカデミィで二次対策特訓を受けた受験者の方々は、ほぼ全員合格しております。

「英会話に文法は重要でない」とお考えの方もいらっしゃると思いますが、特に英検の二次試験では、(1)論理的思考能力、(2)スピーチを短時間で構成する力、(3)的確に応答する力 、(4)発音・イントネーションの正確性を以って、文法的にも正しく、しっかりと面接官に意図を伝えることが不可欠です。秋谷アカデミィでは、小学生から社会人にかけて一貫して「文法と会話力の両立」を教育方針として実績を積み上げてまいりました。秋谷アカデミィがどのようなお力になれるのかを是非ご相談ください。

お一人お一人に合ったマスターの仕方を、ご相談させていただきます。